美味・雑記

美味しいものときどき温泉etc. | 東京とその周辺の美味しいお店や温泉について紹介する雑記ブログ

【川崎市】東京から日帰り温泉!1300年以上の歴史『川崎有馬温泉』

川崎なのに『有馬温泉』?

f:id:nekonomatsuge:20190502191539j:image

寒さのせいで腰痛があったので、温泉を探していたところ、『川崎有馬温泉』のサイトにたどり着きました。

1300年以上の長い歴史があるとても古い温泉です。名称の由来は、「有馬」という地名から付けられたようです。

加水・塩素無しとのことでしたので、早速行ってきました。

アクセス

渋谷から鷺沼まで約20分

田園都市線「渋谷」から20分程なので、東京方面からも日帰りで行ける距離かと思います。

f:id:nekonomatsuge:20190402033641j:image

鷺沼駅 「中央改札口」を出ると直ぐにバス乗り場があります。

どのバスを乗っても行けます。バス停は4つ目の〔中有馬〕で下車。本数は比較的多いので行きも帰りも待つことはありませんでした。

f:id:nekonomatsuge:20190401223309j:image

バスを降りたら、道なりに真っ直ぐ歩きます。ここから約2分で到着。

少しすると、赤い文字で「有馬療養温泉」の看板が見えてきます。

f:id:nekonomatsuge:20190401223327j:image

平日の11時過ぎに到着

2時間迄の立ち寄り入浴(1200円)を利用しました。

下駄箱に靴を入れたら、「受付」で入浴料金1200円を払い、貸タオル(バスタオルとハンドタオル)を受け取り脱衣所に向かいます。

先客4人が湯船に浸かっており、少しすると後から時間差で3人入って来ました。

狭いお風呂はいっぱいに笑

常連さん曰く、「いつもより混んでいる」とのこと。夕方になると学生さん達も来るそうです。

また、宿泊も人気があり、予約が取りづらいとおっしゃっていました。療養のために他県から通っている方もいるのだとか。

どんな温泉?

f:id:nekonomatsuge:20190401223318j:image

どなたもいなかったので、帰り掛けに一枚撮りました。

温泉は、“鉄分”が豊富で赤茶色に変色しています。貧血の人には最適みたいです。

小さいライオンの口からチョロチョロとまだ酸化していない透明に近い色の温泉が出てきます。飲泉できるので、手で少し飲んみましたがはっきりと鉄の味がしました。

お湯の温度は熱すぎず温すぎず、ちょうどいい湯加減。過去にのぼせて倒れた人がいたとのことです。物凄く温まるので、30~40分経ったところで、脱衣所でバスタオルを巻いて一旦休憩。

脱衣所で、座って休むことができます。

休憩を挟んでもじゅうぶんに堪能できるので、無理せず入った方が良さそうです。

身体はポカポカ

夜布団の中で、手足、胃の奥がポカポカ。久々に芯から温まれ、一晩ぐっすり眠れることができました。

翌日は、身体が軽くなっていて、腰痛もすっかりなくなっていたので驚きました。

さすが「療養温泉」と謳っているだけのことはあり、久々に質の良い温泉に入ることができました。

有馬療養温泉旅館 

住所:  神奈川県川崎市宮前区東有馬3-5-31 

TEL:  044-877-5643

立ち寄り:  11:00~22:00(受付21時迄)

料金:大人1200円 小学生600円 乳児300円

個室利用の日帰り温泉、宿泊プランあり。