美味・雑記

美味しいものときどき温泉etc. | 東京とその周辺の美味しいお店や温泉について紹介する雑記ブログ

【六本木】“福を呼ぶ”いなり寿司『 西麻布 いなりや 呼きつね 』

六本木の新名物? 差し入れやお土産に最適なおいなりさん

f:id:nekonomatsuge:20190525202620j:image

六本木の稲荷寿司店と言えば、歴史ある『おつな寿司』がとても有名ですが、今回は、もう一つ話題のお店をご紹介します。

おいなりさんを現代風にアレンジした創作いなり寿司『呼きつね (こきつね) 』です。

『おつな寿司』の記事はこちら↓↓↓

www.nekonomatsuge.com

 西麻布 いなりの 呼きつね

舞台の世界に携わっていた方が楽屋の差し入れとして考案されたいなり寿司。

創作おいなりさんなんて邪道でしょ、興味はあるけれど、ほんとに美味しいの??

 

・・・さて、結果はいかに笑

 

2日前に電話予約
確実に買いたかったので予約していきました。お昼時をずらして11:20ごろに電話。

対応してくださった方は、明るくハキハキした女性で寿司の種類について丁寧に説明してくれました。

20個入をオーダー

2000円と3000円の2種類あり。

  • 定番2種と季節のいなり1種…2000円
  • 定番2種と季節のいなり3種…3000円

定番・・・各5個

  • 金胡麻
  • クルミ 

季節のいなり・・・全4種から選択

  • 焼き海苔
  • 明太子
  • レモンジュレ

いろいろ入っている3000円に

値段がだいぶ違ってくるので悩みましたが、色々な味を楽しみたかったので、旬の筍、レモンジュレ、明太子に決めました。

その他、8個入り、27個入、48個入りがあります。同じ個数でも中の組み合わせ方次第で、金額が異なるようなので予約の際に相談してみると良いかと思います。

受け取り時間
受け取り時間を聞かれます。分かりづらいところに在るとの事前情報から絶対に迷う自信があったので(かなりの方向音痴のため)、18:40〜19:00に取りに行くように伝えましました。

アクセス 

お店周辺の住宅地はまるで迷路。六本木ヒルズからスマホの地図通りに行ったにもかかわらずどこにもお店が見当たらなくて、結局お店に電話しました。予約の際に対応してくださった方が分かりやすくナビしてくださり、なんとか時間ギリギリに到着することができました。

迷わない簡単な行き方

最寄駅 日比谷線 六本木 出口〔4b〕徒歩3、4分。購入後に〔4b〕からお店まで、実際に歩いてきたのでご案内します。

f:id:nekonomatsuge:20190525181458j:image

〔4b 〕階段を登り地上に上がったところ。中華料理屋「幸楽苑」と「みずほ銀行」の間の道を右に入ります。 

f:id:nekonomatsuge:20190525181614j:image

T字路に突き当たるまで道なりにまっすぐ行きます。
f:id:nekonomatsuge:20190525181640j:image

突き当たったら左に曲がり、直ぐに焼肉屋「BEEF MAN 六本木店」手前の脇道に入ります。
f:id:nekonomatsuge:20190525181623j:image

狭い路地をまっすぐ行き、大きな“しゃもじ”が目印「汁角 (しるかく) 」を通り過ぎて、少し進むと右手にお店が見えてきます。

f:id:nekonomatsuge:20190525202716j:image

アパート「小林荘」の一階がお店。

帰りは、駅への行き方について、女性の方が外まで出てきてくれ親切に道を案内して下さいました。

いなり寿司 20個入

袋から取り出すと、お箸が二膳入っていましたが、予め必要な数を聞かれなかったと思うので(個数によるのかもしれませんが)、予約する際に確認された方が良いかもしれません。

f:id:nekonomatsuge:20190524012201j:image

『呼きつね』名前の由来

以下、パンフレットより抜粋ー

“ 福を呼ぶ、笑顔を呼ぶ、感動を呼ぶ・・・。そんないなりをお届けしたいから、『呼きつね』という名前をつけました。”  

なんて洒落たネーミング・・・。

立派な化粧箱入

自宅用には勿体ない綺麗な箱…そのまま捨てるのは気が引けて洗って乾かしましたが、ふやけてしまったので、結局リサイクルペーパーとして出すことに。

では実食!

f:id:nekonomatsuge:20190525213119j:image

油揚げは、熊本の「南開揚げ」

油揚げがシャリにくるりと巻いてあり、油抜きも十分にされていて、煮汁をしっかりと吸っていますが、べちゃっとしていません。味付けは甘くせずに濃い目に仕上がっていますが、決して塩辛い訳ではなく、絶妙な塩梅。

定番の金胡麻

f:id:nekonomatsuge:20190525182018j:image

胡麻がたっぷり。固めに握ったシャリは殆ど酢が利いていないように感じました。

シャリに使っているお米は、“ 油揚げに合う最適なお米を数種類ブレンドしている” とのこと。

しっかりと噛みごたえがあり、噛めば噛むほど口の中に美味しさが広がるおいなりさん。

定番のくるみ

f:id:nekonomatsuge:20190525182111j:image

カリッとして美味しい。くるみがごろりと塊で入っているので、知らずに食べると歯に当たるのでびっくりするかも(私はびっくりした)。

季節のいなり

f:id:nekonomatsuge:20190525213031j:image

(写真 上)

5月上旬ごろまでとのことで最初に決めた。筍の歯ざわりが良く春らしい一品。

明太子 (写真 右下)

明太子がたっぷりと入っていて、お揚げと良くマッチしている。今回の中で一番気に入りました。

レモンジュレ (写真 左下)

レモンの酸味は無く、少し皮の苦味が感じられ、甘さの無いマーマレードのような、はっきりとレモンの味がする。

感想

とても美味しかった!

今まで食べてきたいなり寿司とは全く別物。

「おいなりさん=甘い」という固定観念があったので、想像していた味とは全く異なりました。

正直、あまり期待してなかったし、アレンジされているから邪道だと思っていたけれど、良い意味で裏切られました。どうやったらこんなおいなりさんが作れるのだろう。

味も見た目も洗練されている
様々な変わった具材が最後まで飽きずに楽しめ、ベタベタしていないから手でちょこっと摘めるし、小ぶりだから大口を開ける必要もないので、スマートに食べられます。

正に楽屋の差し入れにと考えられたおいなりさん。

酒の肴にも
明太子はまたリピート決定です!

お酒と合いそう。おいなりさんの甘い味付けが苦手な方にも喜ばれるかもしれません。

二店を食べ比べてみて
『おつな寿司』と『呼きつね』それぞれ全く違うものという感じで比較はできません。

ただ、もしお土産として人に差し上げるなら、『おつな寿司』は余りにも有名だから、珍しい『呼きつね』をチョイスしたいです。もちろん、両方貰えたら嬉しい笑

今回、ご紹介した『おつな寿司』と『呼きつね』是非、一度足を運んでみてください。

8個入から購入できるので、それぞれ違った味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

西麻布 いなりや 呼きつね

住所 : 東京都港区六本木7-12-12(小林荘 1F)

電話 : 03-6434-9171

営業時間 : 10:30〜19:00 月曜定休日(祝日の場合は火曜)