美味・雑記

美味しいものときどき温泉etc. | 東京とその周辺の美味しいお店や温泉について紹介する雑記ブログ

【代々木】老舗 ロマーナ・ピッツェリア・イル・ペンティート

イル・ペンティート

f:id:nekonomatsuge:20190502184430j:image

東京代々木『イル・ペンティート IL Pentito』で季節限定のピッツァや美味しいお料理を堪能してきました!

日本を代表するピッツェリア

イル・ペンティートは、予約が取りづらいことで有名なピッツェリア。イタリアから窯作りの職人さんを招いて作った薪窯で焼くローマピッツァが絶品です。

ピッツァの概念が変わるかも?

f:id:nekonomatsuge:20190502185819j:image

最初に訪れたのは、今から10年以上前になります。それ以前は、ナポリピッツァ(とくに中目黒サヴォイ(現:聖林館)のマルゲリータ)が好きでした。

薄いローマピッツァはどこで食べてもあまり美味しいと感じたことなどなかったのですが、こちらで食べてからは、ローマピッツァの概念ががらりと変わりました。

〔写真〕上がフンギ(マッシュルーム)、下がチポッレ(玉ねぎ)どちらも定番メニューです。

お店のある代々木ってどんなところ?

f:id:nekonomatsuge:20190502190540j:image

代々木は、新宿から一駅とは思えない静かな街です。背の高いビルは無く、歩いてみると小さな飲食店が軒を連ねています。写真は代々木駅西口を出て振り返ったところ。後ろに見えるのはエンパイアステートビル(NTTドコモ代々木ビル)  

アクセス

小田急線「南新宿」からの行き方はこちらから!↓ ↓ ↓

www.nekonomatsuge.com

 では早速、お店までの道順をご案内します。JR代々木駅から徒歩10分弱で到着します。駅を出て西に真っ直ぐ進むだけ!

f:id:nekonomatsuge:20190414005114j:image

JR代々木駅「西口改札」を出たところ。目の前に「スクランブル交差点」があります。信号の先に「天然たいやき」が見えるので、向こう側に渡ります。

f:id:nekonomatsuge:20190414004411j:image
まだ渡る前の信号待ちの様子。「みずほ銀行のATM」と「天然たいやき」の間の通りをひたすら直進します。代々木駅からは、この通りが奥まっていて少し分かりづらい。

f:id:nekonomatsuge:20190402223029j:image

信号を渡りました。右から「ファミリーマート、最強のバターコーヒー、天然たいやき店」が並んでいます。「天然たいやき店」に面した通りを真っ直ぐ行きます。

f:id:nekonomatsuge:20190402225023j:image
小さな飲食店をいくつも通りすぎ、少し歩くと右手に「マルマンストア南新宿店」が現れます。通り過ぎます…

f:id:nekonomatsuge:20190402230237j:image

更に進むと、左手に「ガソリンスタンド」が見えてきます。まだまだ真っ直ぐです。この辺りになると飲食店や人通りもだんだん少なくなってきます。

暗くて見えませんが、この先に「小田急線の高架」が見えてきますので、そこを目指します。

f:id:nekonomatsuge:20190402225812j:image
高架が見えてきました。google mapだと、この辺りで右に曲がるように案内が出ていますが、曲がらずに真っ直ぐです。

f:id:nekonomatsuge:20190402230241j:image
高架に近づくとこんな感じ。この下を通り抜けたらあとちょっと。

f:id:nekonomatsuge:20190402230247j:image

通り抜けると、この先にお店なんてなさそうと毎回毎回不安になるくらい寂しい雰囲気です。お店の灯りが小さく見えてくるので、そのまま歩きましょう。

f:id:nekonomatsuge:20190402230608j:image
近づくと突如現れ安堵します。独特の佇まいが、美味しいお店の雰囲気を醸し出しています。

お店自慢の立派な薪窯

f:id:nekonomatsuge:20190402230855j:image
ご主人の情熱により、本場イタリアから窯職人さんを呼び寄せて作った薪窯です。

薪の匂い、ハーブやオリーブオイルなどが混ざったような、何の香りか分かりませんが、独特のいい香りがお店中に広がっています。

センスも良くて、ここは日本じゃないみたい。ちょっとした非日常を味わえます。

前菜も是非味わって欲しい

やっと本題にはいります。即完食してしまい写真を撮り忘れましたが、最初に〈ゼポリーナ〉というお通しが出てきます。ニョッキくらいの大きさで油で揚げてあります。

噛みごたえがありモチモチとしていて塩と青海苔のようなものがまぶしてあり、口に入れると良い香りが口に広がります。例えるならパスタよりパンに近い一品です。

f:id:nekonomatsuge:20190402233434j:image
〈オリーブアスコラーナ (一人2個)〉

そして必ず予約の際にお願いするのが、こちらの大き目のオリーブの実の種をくり抜いて、中にひき肉を詰めて揚げた一品。丁度良い塩加減でワインが進みます。

※3日前迄に事前予約が必要です。

(こちらも食べることに夢中で写真を撮り忘れたので以前のです。)

f:id:nekonomatsuge:20190402233556j:image

〈インサラータ・ルッサ〉

きたあかりを使用したポテトサラダ。濃厚なチーズソースがかかっていて、めちゃくちゃ美味しい!日本のポテトサラダよりも好きです。

f:id:nekonomatsuge:20190402233607j:image

〈ミラノサラダ〉

生野菜が食べたいので、いつもこちらを頼みます。この他、噛まずに一口でいただく〈水牛のモッツァレラ〉もジューシーでオススメです。

前菜の後はいよいよ極薄ピッツァ!

f:id:nekonomatsuge:20190402233552j:image

こちらは基本の〈マルゲリータ〉

生地の厚さは1mmもないくらい!迷ったらとりあえずマルゲリータがオススメです。

私の食べ方は、サーブされたら手早く切りわけて小皿に取り、更に半分にパタンと折り、手掴みで熱々のうちに頬張ります。お喋りしている場合じゃありませんっ。ピッツァに集中します!

季節限定‼︎

f:id:nekonomatsuge:20190402233603j:image

〈アル・カーヴォロ〉1月半ばから2月下旬限定の三浦半島の春キャベツ。甘みのある柔らかな春キャベツ、スペイン産アンチョビの塩気と溶けたチーズが絶妙にマッチ。アンチョビは肉厚で臭みは一切なし!

こちらのお店の野菜の切り方がちょっと違うんです。キャベツの美味しさを最大限に引き出しすように小さく丁寧に切ってある。これはまた食べたい!

f:id:nekonomatsuge:20190402233611j:image

手作りデザートも外せない

全部で三種類。手前から〈アイスクリーム〉チェリーソースがかかっている。隣が〈自家製プディング〉奥が〈ムーストロピカーレ〉アプリコットのムース。

一番食べることが多いのは、自家製プディングです。それなりにボリュームがあるので、お腹がいっぱいならシェアしてもいいかもしれません。※写真は以前のものを使用

お店の雰囲気は?

時間の経過とともに、だんだんとボルテージが上がってくる職人気質なご主人と、完全にオペレーション不足のホール…お一人で良く回せているなぁとテキパキと無駄の無い動きには、毎回関心してしまいます。

店内は常連さんと思しき方々で、ワイワイと大変賑わっており、美味しいものが大好きで楽しまれているのが良く伝わってきます。

たくさんワインを飲んで食べて笑って…なんだかこっちまで楽しくなってきます。

まとめ

一般的な薄いローマ風ピッツァとは一線を画しています。沢山食べて飲んで大満足。暫くはいいかなと思うも束の間、少し経つとまたこちらのお店が恋しくなります。

季節限定のピッツァを目当てに行くのも良いかもしれません。是非一度足を運んでみてください♪ 

イル・ペンティート IL PENTITO

住所:  東京都渋谷区代々木3-1-3 AXIS1F

TEL:   03-3320-5699

営業時間:   19:00~23:00

定休日:   日曜・月曜

(日曜・月曜以外の祝日は営業)

※予約の電話は、16:30〜17:00くらいにしています。

※予約状況は日によって違ってくるとは思いますが、私は2週間前にお願いしています。一週間前で予約が取れなかったことが何度かありました。

【森山ナポリ】冷凍ピザの概念を覆す、手焼き本格ナポリピザ