美味・雑記

美味しいものときどき温泉etc. | 東京とその周辺の美味しいお店や温泉について紹介する雑記ブログ

【百合ヶ丘】寿し屋の楠本

寿し屋の 楠本 (くすもと)

f:id:nekonomatsuge:20190504234802j:image

かねてから行きたかった百合ヶ丘の『寿し屋の楠本』へランチタイムに伺いました。もっと早くこちらのお店に行かなかったことを悔やみます。

アクセス

小田急線 百合ヶ丘駅〔北口〕から徒歩2、3分で到着します。

※最寄駅は「新百合ヶ丘」ではなく「百合ヶ丘」ですのでくれぐれもお気をつけください。

なお、百合ヶ丘は各駅しか止まりません。

f:id:nekonomatsuge:20190504234851j:image

改札は一つのみ。改札を出たら〔北口〕へ向かいます。

f:id:nekonomatsuge:20190402032149j:image

〔北口〕を出たところ。目の前が「ゆりストア本店」です。右方向に少し行くと、横断歩道があります。

※google mapで検索すると〔北口〕を出て信号を渡り、横浜銀行の方へ案内が出てきます。遠回りになりますが、長い階段を使わずにお店に行くことができます。

f:id:nekonomatsuge:20190504234908j:image

横断歩道を渡り、商店街を右へ進み、「麻生警察署百合ヶ丘交番」手前の長い階段を登ります。

f:id:nekonomatsuge:20190504234942j:image

ロータリーからの階段の様子。長い階段を登ったところにお店があります。

f:id:nekonomatsuge:20190504235135j:image

階段を登りました。上から見下ろすと、結構な高さです。

f:id:nekonomatsuge:20190401224032j:image

到着しました。

早速カウンター席へ

土曜の12時過ぎに行ったので先客はまだ居ませんでしたが、後から後からお客さんがやってきて、半頃にはほぼ満席になりました。

店内はとても清潔で高級感とお鮨屋さん特有の緊張感があります。大将は口数が少なく、いかにも寿司職人さんという感じですが、さりげない気配りも感じましたし、感じ良かったですよ。

ランチはコース二種類のみ

「握り10貫3000円」と「握り10貫プラス3品3900円」の2コースのみ。予約を入れる際にどちらにするか訊かれます。

今回は、初めてだったので、握り10貫のコースをお願いしました。

f:id:nekonomatsuge:20190614145951j:image

すみません写真が綺麗に撮れませんでした。

お醤油が刷毛でつけてあるので、自分でつける必要はありません。握りは小ぶりの江戸前鮨です。仕事もとても丁寧で、もちろん臭みはなし。鮪、雲丹、寒ブリetc.全て美味しかったです。

確かな技術の中に独創性あり

アレンジを加えた握りがいくつかありました。例えば、写真の左下、カマスの握りはにんにく風味のお醤油がつけてあり脂の乗ったカマスと良く合い美味しかったし、巻物は胡麻油で炒めた高菜漬けと、とびっこが一緒に巻かれていて、胡麻油の良い香りが後を引く(お酒に合いそう)。穴子はふわふわで何個でも食べられる笑。

唯一、あれ?と思ったのが玉子…普通だったかな。とはいえ、ほぼ同レベルを銀座で食べたらランチで5000円ですから。

予約が確実

大将がおっしゃるには、平日でも混むとのことでしたので、予約してから行かれた方が良いそうです。

ランチならリーズナブルですし気軽に利用できそうです。こちらのお店なら、舌の肥えた人でも安心して連れて行けるので良いお店に出会えました。是非また訪れたいと思います。

寿し屋の 楠本

     住所:  神奈川県川崎市麻生区百合丘1-18-12

     TEL:   044-951-1744

     営業時間:  12:00〜13:30  17:30〜22:00

     定休日: 月